menu

ストッキングのゾッキと交編のおはなし

zoki-kohen
こんにちは。美足花舞店長のアオモリです。
こちらの写真のストッキングは左が交編、右がゾッキです。サイズは同じM-Lサイズで、どちらも着圧仕様のストッキングです。

同じサイズでもゾッキと交編はこんなに違います。

では、私の知っている範囲でこの違いを説明します。間違っていたらごめんなさいm(_ _)m。


◆サポートタイプストッキング

現在のストッキングはサポートタイプと呼ばれるものが主流です。

サポートタイプとはポリウレタンにナイロンを巻きつけたサポート糸を使って編まれたストッキングです。このサポートタイプの編み方に交編とゾッキの2種類があります。

サポートタイプの特徴はポリウレタンの持つ高い伸縮性です。今では当たり前の脚にぴったりフィットするストッキングはこのポリウレタンを含むサポート糸のおかげなんです。

ちなみに、サポートタイプのストッキングが登場する以前はストッキングはナイロンだけで作られていました。このナイロンだけで作られたストッキングはウーリータイプとか単にウーリーと呼ばれています。

また、サポートタイプと聞くと着圧をイメージされる方が多いようですが、サポートタイプとかサポートストッキングという名称は、単にサポート糸を使っているという意味で使われている場合が多く、着圧仕様であるとは限りません。


◆交編
kohen
サポート糸とサポート糸ではないナイロン糸の2種類を使って編まれたストッキングです。
通常、ストッキングは4本の糸で編まれるようなのですが、そのうちの2本がサポート糸、2本がナイロン糸という感じですね。

写真を見る限り、縦に走る糸がナイロン糸で伸縮性が乏しいために、交編のストッキングが縦に長い形状になっているのではないかと思います。

 

 
交編の特徴
・透明感が高い
・光沢感がある(強いて言えば光を反射する)
・伸縮性が低く、肌触りは固め
・フィット感(締めつけ感)が少ない
・横縞が出やすい(と言われています。私はあまり感じたことはありませんが。)

※ゾッキに比べての特徴です。例えば「伸縮性が低い」と言っても、「着用に支障があるほど伸縮性がない」ということではないので、極端な解釈はされないようにご注意ください。


◆ゾッキ
zoki

サポート糸だけを使って編まれたストッキングです。
縦にも横にも伸縮性の高いポリウレタンが入っているために、未着用状態だとギュッと縮んでちっちゃくなります。

写真でも編み目が詰まっている感が分かりますよね。

 

 

 

ゾッキの特徴
・透明感は低い
・光沢はなくマットな印象(強いて言えば光を吸収する)
・伸縮性が高く、肌触りはソフト
・着用時の色は濃い目になる(目が詰まっており、光を反射しないため)
・フィット感(締めつけ感)が高い
・伝線しにくいストッキングを作ることができる

※交編に比べての特徴です。


◆交編とゾッキはどちらがいいのか?

・最近の主流はゾッキです。

最近では、無地のストッキングではゾッキが主流です。着圧ストッキングの流行でゾッキのほうがよりフィット感、着圧感が得やすいためでしょうか。

また、ゾッキは伸縮性の高さから履いても動きやすく仕事などで履かれる方に向いていると言われています。伝線しにくい(ノンラン)の機能がついたストッキングはほぼゾッキで作られているため、その意味でもお仕事向きといえるかもしれません。

ただ、着圧のような締めつけ感が苦手という方もいますよね。ちょっと古いのですが過去に国民生活センターの調査では、ゾッキよりも交編の方が履き心地がいいと答えた方が多かったというデータもあります。これはゾッキの締めつけ感を嫌ったのではないかと分析されています。

・脚の美しく見せるのは交編です(だと思います)。

当店のスタッフもそうでしたが、ゾッキという言葉に透明感が高いというイメージを持たれている方が多いようです。もちろん、透明感の高いゾッキのストッキングもありますが、透明感に関しては交編のほうが圧倒的に優れています。また、交編は光沢感もあって光を反射するため、華やかな印象を与えます。

私のこれまでの商品撮影の経験上でいうと、着用時に脚を美しく見せるのは圧倒的に交編だと思います。
(といってもファッションなので、あえてマットにしたいときはゾッキも全然ありでしょう。)


・結局・・・

結局、ケースバイケースというありきたりな結論になってしまうんですよね。

機能性や履き心地を考えるとお仕事など長時間着用に向くのはゾッキ。パーティーなどフォーマルな場面(写真が残る場面)では、よりきれいに脚を見せてくれるく交編がオススメです。

どちらが丈夫かというのも探してみたのですが、これは意見が分かれているようで、現時点ではどちらとも言えません。同様にどちらが伝線しやすいかというのも、ゾッキの伝線しにくい加工があるものを除けば、商品によりけりという印象でした。

なお、補足ですが、柄物のストッキングは交編が主流ですが、着圧や伝線しにくいという機能が付いている場合はゾッキの可能性が高いです。

参考になれば幸いです。

備考1:
内容は私の経験と知識に基づくものです。私の知識が誤っている可能性もあります。私は自分で履くことがなく、見るだけの立場で交編が好きなので、ちょっと交編に贔屓している気もします。メーカーや商品により、一般的傾向と異なる商品も存在しますので、あくまでも参考としてお読みください。

備考2:
念のため撮影に使った商品は以下になります。
ゾッキ: モア 着圧ストッキング(http://item.rakuten.co.jp/mzhw/oai-51-1305/)
交編: カタクラ AKIKO (http://item.rakuten.co.jp/mzhw/sp3005n/)

BENJAMIN 刺繍入り アルファベット柄 ソックス

MORE ハートワンポイント ストッキング

関連記事

  1. 夏にオススメ。シャドウ編みで脚を細見せしよう。

    脚に自然な陰影をつけて脚を細く見せるシャドウ編みストッキング。脚の露出が多くなるこれからの季節に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP